日本の皆さん、こんにちは

私は MiaMily 創設者のセシリアです。

日本でミアミリーが発売され、高く評価されている事を心から嬉しく思っています。

ミアミリーは、私の経験から生まれた抱っこ紐です。

 

[ キッカケ ]

私は、夫のアレッサンドロとの間に女の子を授かり、家族で仲良く毎日がとても幸せでした。

しかし、丁度 娘が3ヶ月になる頃、突然背中に強い痛みを感じたのです。
それは、今まで感じた事のないほどの痛みで、最愛の娘を抱く事もできないほどの強烈な痛みでした。

この頃の私は、腰の痛みによって泣いている自分の娘を満足に抱き上げる事すらできないジレンマの中で、日々ストレスだけが溜まり続けていました。
娘も抱いてもらえない事がストレスとなり、大きな負担になっていたと思います。

私は、自分の不甲斐なさに、とても落ち込んでいました。

私は何とかして娘を抱きたいと思い、いくつものベビーキャリーを試しました。
そして、何度も抱っこやおんぶを繰り返しました。

しかし、納得できるベビーキャリーは、どこにもありませんでした。

 

[ 決意 ]

そんな日々の中、私は 赤ちゃんを抱く母親の喜びと、母親に抱かれる赤ちゃんの幸せを取り戻す事ばかりを考えるようになっていったのです。
もちろん、夫のアレッサンドロにも相談しました。我が子との絆を取り戻すには夫の協力が不可欠だからです。

そして、私は、わが子を抱きしめたい一心から、娘と自身のために新しいベビーキャリーを作る決意をしたのです。
それは私にとって、 夫と我が子との大切な家族の絆を取り戻す挑戦だったのかも知れません。

 

[ 開発 ]

ベビーキャリーを作るにあたって、大切にした課題が4つありました。
それは、「快適性」「安全性」「機能性」そして「利便性」です。

もちろん、それは簡単な事ではありませんでした。

当初、意気込んだ私ですが、途中で不安になったり挫折しそうになった事が何度もありました。
そんな時、いつも支えてくれたのが夫のアレッサンドロです。
彼がいてくれたから、最後まで諦めずにいられたのだと思います。

何度も失敗を繰り返しながら、私たちはいくつかのプロトタイプを作りました。
そして、ようやくミアミリーのプロトタイプが完成したのです。

 

[ 完成 ]

私は、完成した ミアミリーで 再び我が子を抱きしめた日を忘れる事はありません。

娘の重さが気になる事は全くありませんでした。娘を抱いている事がすごく自然に感じられ、とても気に入りました。

そして 抱かれている娘も、とても気に入ってくれたようです。
娘は私の胸の中で、すぐに私につかまって私を抱きしめてくれました。
それは、胎児のような姿勢でもう一度お腹の中にいるように感じたのかも知れません。 
いつもは怒りっぽい赤ちゃんでしたが、抱かれている時の彼女は静かでとても穏やかでした。

私は、ほんとうに幸せでした。やっと我が子との大切な時間を取り戻す事ができたのです。

 

[ 販売 ]

正直なところ、初めはミアミリーがこんなにも大きな反響を呼ぶとは思っていませんでした。
なぜなら、自分の為だけに作った抱っこ紐だったのですから。

しかし、私の抱っこ紐を見た多くの人から抱っこ紐の事を聞かれ、ぜひ売って欲しいとの要望をたくさん頂いたのです。
そして、皆さんに使ってもらえる抱っこ紐の開発と製造を、スタートすることになったのです。

ミアミリーは、自分用の抱っこ紐がベースになっていますので、製品もその延長線上にあります。
快適で安全に使うことを優先し、コストよりも品質や性能を重視しています。

その為、少し高いと思われる方がいるかも知れませんが、使いやすく高性能で耐久性の高い素材やパーツを使い、縫製にも拘っているからなのです。

もしかすると、それは全ての人が望むものではないかも知れませんが、それぞれの自由な価値観だと思っています。
私は、実際にミアミリーを使用した、多くの方に喜んで頂いている事を心から嬉しく思っています。

 

[ 日本の皆さんへ ]

ミアミリーは、体への負担が少なく快適に使える事をとても重視しています。
もちろん、赤ちゃんの体の安全をとても大切に考えました。

ミアミリーの抱っこ紐は、腰や肩への負担が少なく、赤ちゃんの股関節も大切にします。
また、子どもの成長や好みに合わせて、さまざまな抱き方ができるようになっています。
対面抱き、前向き抱き、腰抱き、おんぶ、ヒップベースに乗せて横抱きをすれば授乳にとても便利です。

それに、ミアミリーなら授乳中に自分の喉が渇いても、すぐにお茶を飲みに行くことができますよ。

どの様な製品でも同じですが、ミアミリーはまだ生まれたばかりの新しいブランドで、これから発展していくブランドです。
少しでも良いアイデアがあれば、どんどんと製品に取り入れていきたいと思っています。

実際にミアミリーをお使い頂いた上で、気になる点やいいアイデアなどがあれば、ぜひ教えて下さい。

ミアミリーが、皆さんにもっと喜んで頂ける製品になる事を心から願っています。

 

ミアミリー共同創設者 セシリア